毎日個別塾 5-Days<

お問い合わせ・資料請求

0120-935-472

SANTAさん太のさん考書 (9月4日掲載分)

  • さん太のさん考書

    江戸時代の1774年に、西洋医学書「解体新書」の出版にかかわった人物は、次のだれかな?

    ①杉田玄白 ②伊能忠敬 ③近松門左衛門

    答えを見る

  • ①杉田玄白

    「解体新書」は、日本初の本格的な西洋医学の翻訳書とされ、杉田玄白が前野良沢らとともに、オランダ語の解剖書を翻訳したんだよ。

    さん太のさん考書