SCHOOLCHECK内申点診断(広島選抜)

広島県公立高校 選抜Ⅱ(一般入試)について

広島県公立高校における選抜Ⅱとは、いわゆる「一般入試」と呼ばれるもので。例年3月初旬に実施されます。すべての学科・コースで実施され、調査書、学力検査で判断します。一般的には、調査書と学力検査は「ほぼ同等に扱う」ことが基準とされています。また学校によっては、面接や実技検査、また独自問題を課す場合もあります。

選抜方法

①調査書(内申点) 195点満点(130点満点に換算)

英語・数学・国語・理科・社会の5教科、は学力検査が行われるため、調査書の5段階評価の点数をそのまま加えます(5点満点×3学年×5教科=75点満点)。一方、技術家庭・音楽・美術・保健体育の4教科については、学力検査が行われませんので、調査書の点数を2倍します(10点満点×3学年×4教科=120点満点)。5教科75点満点+副教科120点満点=195点満点となります。

さらに実際の判定の際には、学力検査のバランスをとるため、130点満点に換算します。また、選抜Ⅰと同様に、観点別学習状況や部活動・ボランティアなどの特別活動の記録、その他の記載事項についても判断材料として活用されることになっています。

②学力検査 250点満点(125点満点に換算)

英語・数学・国語・理科・社会の5教科、各50分で実施されます(英語はリスニング問題も含む)。1教科50点満点×5教科で、本来は250点満点になります。実際の判定の際には、125点満点に換算します。

学力検査は高校ごとに違う問題が出題されるのではなく、すべての公立高校で、広島県教育委員会が作成した同一の問題を使用します。つまり選抜Ⅱで広島県の公立高校を受験するすべての受験生が、全員同じ問題を解くことになります。

③面接及び実技検査

各学校の特色の応じて、面接及び実技検査が実施されます。

④学校独自の選抜検査

一般の学力検査に加えて、学科の特色に応じて自校作成問題を実施できます。

※平成25年度 自校作成問題実施校(国泰寺高校(普通科理数コース)・安古市高校・安西高校・呉三津田高校・尾道東高校(普通科国際教養コース)・尾道北高校(総合学科)・廿日市高校 など)

広島県公立高校 内申点診断(選抜Ⅱ/ 一般入試)

診断のしかた

内申点診断

成績表の5段階の数値を下の表に記入し、「診断する」ボタンをクリックすると、あなたの内申点が表示されます。
(スマートフォンをご利用の場合は、横向きにしてお使いください。)

  • 1.現在の自分の学年を選択してください。
  • 2.入力欄に学年末の成績を、学年末がまだ出ていない場合は、学期末の成績を入力欄に入力してください、。
  • 3.数値をすべて入力したら、「診断する」ボタンをクリックしてください。
  • 4.あなたの現時点での予想内申点と、合否判定のための高校ランキング表が表示されます。赤い帯部分が、あなたの合格ラインです。
内申点診断

診断START

現在の自分の学年を選択してください。

   

入力欄に学年末の成績を入力し、「診断する」ボタンをクリックしてください。

学年 国語 数学 英語 理科 社会 技家 音楽 美術 保体
1年
2年
3年