中学準備講座

中学生活に向けて

最初のスタートダッシュが大切

小学校から中学校にあがると、大きく生活が変化します。「まずは新しい環境に慣れてから」、と勉強を後回しにすると、最初の定期テストで結果が出ず、出遅れてしまいます。 最初のスタートダッシュがうまく切れるかどうかが、中学校3年間を左右するといっても過言ではありません。

5-Daysでは、小学校の学習の復習、中学校内容の先取り、毎日の学習習慣ができるよう指導いたします。

高校受験対策講座

中学校になると何が変わるの?

新しい科目が追加されます

英語

英語は、小学校での簡単な英会話やローマ字の書き取りから、英語の発音に合わせたスペルや単語の暗記、文法などに変わります。 まずは1年生の段階からしっかり理解しておかないと、さらに難しくなる2年生ではすっかり苦手科目になってしまうお子さんが多くいます。

数学

数学も、小学校での算数をしっかり復習していないと、次々と出てくる単元に追いつけなくなります。 高校受験でも重要となる科目ですので、まずは基礎作りをしっかりとしておくことが大切です。

定期テスト(考査)がはじまります

単元ごとにテストがあった小学校と違い、中学ではまとめて試験があります。試験範囲が発表されてから試験日まで、計画的に勉強する必要があります。提出物や日々のノートづくりも重要となります。

内申点は高校受験に影響

内申点(調査書)とは、中学校の学習内容や学校生活について、学校の先生が記した書類です。 学校の成績や生活態度(性格や行動など)、部活動やボランティアなどの特別活動についても記載されています。3年間の内容が反映されますので、中1から意識することが必要です。

こんな子は要注意!
  • 小学校でもいつも満点ではない。
  • 提出物を出していない、忘れ物が多い。
  • 授業中に発表したりしていない。
  • マイペースでなかなか本気が出ない。

5-Daysの中学準備講座

対象

小学6年生

1.小学校6年間の学習を復習する

高校入試に出題される漢字のほとんどは、小学校で習う漢字です。入学までに、書けない漢字の復習をしておきましょう。

中学から算数は数学になりますが、単元ごとに勉強すれば点が取れた算数と異なり、数学は基礎が影響します。特に、分数・割合の計算などはしっかり確認する必要があります。

2.中学の内容を先取りする

成績向上のためには、学校の先取り学習が必須!中学校の学習は進度も早く、難しくなります。

小学校の復習が終わったら、入学前に中学校の学習をはじめましょう。余裕が生まれることで、結果中学校生活に早くなじめ、お子様の自信にもつながります。

3.毎日の予習・復習の習慣づけ

できる子だけが発表していた小学校と違い、中学では先生に指名されたら答えなくてはいけません。そのため毎日の予習復習をしなければなりません。

ひとりでも勉強できる習慣をしっかりと身に着け、授業から遅れないようにしましょう。学校の授業でわからないところは、5-Daysで先生と確認できます。必ずその日のうちに終わらせましょう。

4.定期テスト対策

定期試験の仕組み、対策方法、その一環として各科目のノートの作り方を指導します。テスト前には特別対策を実施。試験範囲を重点的に指導し、点数アップを目指します。

プラン

1. 総復習プラン
基礎から復習したい方におすすめ

(指導時間)35コマ(基本確認20コマ+応用15コマ)

中学進学後に困らないよう、基礎・基本から総復習。個別だからできる、一人一人に合わせた復習を行います。

2. 先取りプラン
スタートダッシュで差をつけたい方におすすめ

(指導時間)30コマ(予習25コマ+入学後テスト対策5コマ)

中学内容を今から身につけ、余裕を持って4月を迎えられるよう、先取り学習を行います。

3. 苦手克服プラン
不安な科目・内容のある方におすすめ

(指導時間)30コマ(複習10コマ+苦手克服20コマ)

中学でつまづくことがないよう、苦手内容を集中特訓します。

5-Daysではこのほかにも、お子様の目標に合わせた個別カリキュラムでご対応いたします。
3年間に向けてのスタートダッシュを切るために、まずは最初の定期テストで良い結果を目指しましょう!

キャンペーン

12月お申込みの方限定 テキスト無料進呈!

英語・数学の先取り学習で、中学校最初のテストでみんなと差をつけよう!

12月お申込みの方限定には各教室15名限定で、中学準備テキストを無料進呈いたします。

※先着人数に達し次第、締め切らせていただきます。予めご了承ください。

テキスト

お問い合わせ