SCHOOLCHECK内申点診断(広島選抜)

広島県公立高校 選抜Ⅰ(推薦入試)について

広島県公立高校の選抜Ⅰ(推薦入試)は、例年2月初旬に、各高校が必要と認めた学科・コースにおいて実施されます。推薦基準を満たし、中学校長からの推薦を受ければ受験が可能です。
選抜Ⅰの受験を希望する場合は、推薦が受けられるかどうかについて、中学校の先生に必ず確認しておきましょう。

推薦基準

  • 1.志望動機・理由が明確であること
  • 2.適性・興味・関心・学習意欲があること
  • 3.学習成績が良好であること
  • 4.学校独自の基準を満たしていること(部活動で実績がある・生徒会に参加していたなど)

選抜方法

①推薦書(中学校の先生が記入)および志望理由書(受験生本人が記入)
②調査書(内申点)※135点満点

英数国理社、及び音楽・美術・保健体育・技術家庭の9教科をそれぞれ5段階で評定します。5点満点×3学年9教科=135点満点となります。観点別学習状況、特別活動、その他の記載事項も選抜の資料として活用されます。

③面接

必ず実施されます。英語での面接を実施している学校もあります。受験する学校の形式にあわせて、学校・塾で練習しておきましょう。

④学校独自の選抜検査

小論文を実施している学校がほとんどです。特にここで差がつきやすいので必ず対策を行いましょう。統計資料の読み取りや自分の意見を表現する練習をしておくと効果的です。その他に、グループディスカッションや学科の特色に応じた実技検査を課す学校もあります。

内申点診断(広島県選抜Ⅰ/ 推薦入試)

診断のしかた

内申点診断

成績表の5段階の数値を下の表に記入し、「診断する」ボタンをクリックすると、あなたの内申点が表示されます。
(スマートフォンをご利用の場合は、横向きにしてお使いください。)

  • 1.現在の自分の学年を選択してください。
  • 2.入力欄に学年末の成績を、学年末がまだ出ていない場合は、学期末の成績を入力欄に入力してください。
  • 3.数値をすべて入力したら、「診断する」ボタンをクリックしてください。
  • 4.あなたの現時点での予想内申点と、合否判定のための高校ランキング表が表示されます。赤い帯部分が、あなたの合格ラインです。
内申点診断

診断START

現在の自分の学年を選択してください。

   

入力欄に学年末の成績を入力し、「診断する」ボタンをクリックしてください。

学年 国語 数学 英語 理科 社会 技家 音楽 美術 保体
1年
2年
3年